本文へスキップ

iPhone修理業者の『集客』『部品販売』『パネル買取』

日本で唯一のアイフォン修理業者向け集客支援企画

ウェブサイトによる集客戦略編

いかにネット需要を囲い込むホームページを作成する

トップページ完全なる”ロングテール”の時代

完全なるロングテール”の時代


インターネットが身近なものになってどれくらい経つであろうか。

今やなくてはならない存在となりつつある。

 2000年前後、検索エンジンがこの世に現れた頃ユーザーは、”極短い簡易な言葉”でしか検索しなかった。

 例えば、歯が痛くなったら

【歯科医】ビックキーワード

その結果、誰かが作った『全国の歯科医』などといったホームページが上位を占めており、アクセスが集中していた。

 

数年経つと、検索するユーザーの検索能力が次第に上がってくる。

【歯科医 中野区】ミドルキーワード

などと、地域キーワードを加え検索するユーザーが増えてきた。

 

そして、現在ではその検索キーワードが膨大に且つ複雑化し多様化しているのが現実である。

【歯科医 中野北口 痛くない 予約すぐとれる】スモールキーワード

など、非常にキーワードが多様化してきているのである。

 誰もが『多様なキーワード』を検索するようになると、いわゆるスモールキーワードの需要の方が、ビックキーワードの需要よりパイ(市場)が増えてきているのである。

クリス・アンダーソン(Chris Anderson)によって提唱された「ロングテール」という言葉が注目を集めていた時代から、SEO の基本的な戦略は「検索回数が多いものから少ないものまで、メジャーなものからニッチなものまで多種類の検索クエリで集客できるWebサイトを構築すべし」と。

 特に、検索キーワードが多様化している現在おいては、ビックキーワード(例:iphone修理)などで上位表示を狙うのは至難の業である。

 そこで現在では、ミドルキーワード(例:iphone画面が割れた 高田馬場)やスモールキーワード(例:iphoneタッチできない 高田馬場)などのキーワードで上位表示されることの方が重要になってきているのである。

 

この理論に基づき、あのアマゾンは大成功を収めているのである。

やアマゾンは1/2がスモールキーワード(ロングテール)からの需要で占めている。

 ミドルキーワード・スモールキーワードはどうやって調べるのか

トップページ完全なる”ロングテール”の時代

アイフォン修理業者事業支援
『The Survival』

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-19-7

お問い合わせはこちらをクリック
TEL 090-6167-3288




 
 iPhone修理業者のためのー

  WebSiteウェブサイト
 からの超集客ノウハウ術




 
 iPhone修理業者のためのー

   iPhone部品
     パーツ販売




 
 iPhone修理業者のためのー

  iPhone
   フロントパネル買取




 
 iPhone修理業者のためのー

  iPhone
   フロントパネル再生




 
 iPhone修理業者のためのー

  iPhone
   基盤修理
   データ復旧